名古屋市天白区御幸山の中腹に鎮座する塩竈神社は、
東北鎮護・陸奥国一之宮として崇敬を集める
宮城県塩竈市の旧国幣中社『鹽竈神社』より
御分霊を賜り、崇め奉ったのが起りと伝えられております。
御祭神【鹽土老翁神】(しおつちおぢのかみ)は、
潮流を司る海路の神ともいわれ、出産は潮の干満に関係していることから、
その満潮時の無事安産を祈って、潮路の神から安産守護神として篤く信仰されております。

七五三詣御祈祷について

七五三詣御祈祷は、10月・11月の2ヶ月間承ります。

七五三詣御祈祷を期間外に希望される方は、下記にお問い合わせください。

電話 052-831-1633 (午前9時から午後3時まで)

七五三詣は、子供の年祝いをする古来の人生儀礼であり、数え三歳の男女児 『髪置』、数え五歳の男児 『袴着』、数え七歳の女児 『帯解』の祝いがあります。
これまでのお子様の成長を大神様に感謝申し上げると共に、更なる御神徳を授けられますようご祈願いたします。

※七五三詣の時期は混雑状況により、お付添いの方々がご昇殿いただけないこともございますので、予めご了承ください。


PAGE TOP