名古屋市天白区御幸山の中腹に鎮座する塩竈神社は、
東北鎮護・陸奥国一之宮として崇敬を集める
宮城県塩竈市の旧国幣中社『鹽竈神社』より
御分霊を賜り、崇め奉ったのが起りと伝えられております。
御祭神【鹽土老翁神】(しおつちおぢのかみ)は、
潮流を司る海路の神ともいわれ、出産は潮の干満に関係していることから、
その満潮時の無事安産を祈って、潮路の神から安産守護神として篤く信仰されております。

家内安全御祈祷

その年のご家族の開運招福・無病息災を祈願致します。ご家族皆様でご参拝下さい。
※年始より1月末日まで斎行致します。


厄除御祈祷

厄年とされる年齢は、一般的には男性が数え年の42歳と25歳、女性は数え年の33歳と19歳とされ、その前後の年を前厄・後厄として、なかでも男性の42歳、女性の33歳を大厄といい、最も慎まなければならない年齢とされています。大神様の御加護により、心身共に健やかで過ごせますよう祈願いたします。
※年始より2月末日までの2ヵ月間斎行いたします。

≫厄年にあたる年歳表


PAGE TOP