御祈祷

安産祈願について

出生は人生の門出であり、最も意義深く厳粛なものです。妊娠中は行いを慎み、母子の安泰と安産をお祈りします。
出産という言葉に関するいわれは「古事記」や「日本書紀」などの神話の中に数多くあり、古来より多少の変遷はあれども、神々に対して母子の安泰を祈願した儀礼は今日も残っています。

一般的な風習では、5ヶ月目の戌の日にお祓いを済ませた腹帯を巻くと安産で良いといういわれがあり、生まれてくる子が岩のように丈夫に育ちますようにという意味の込められた岩田帯を締めます。
着帯する日を戌の日に選ぶ理由は、犬が多産・安産であり、それにあやかる為にこの日を吉日と定めたとされますが、地域により諸説あります。

安産御祈祷で参拝を予定されている方へ

腹帯を既に購入されている方は、当日お持ちください。
当神社においても、お祓い済みの腹帯をご用意しております。
御祈祷は、毎日執り行っておりますので、戌の日にこだわる必要はございません。戌の日は、腹帯を巻く日とお考えください。

※戌の日の混雑時には、妊婦ご本人様のみのご昇殿となります。

初宮詣(お宮参り)について

懐妊して氏神様または崇敬神社に安産を祈願し、その御加護をいただいた後、無事出産した御礼と誕生の奉告並びに生児の無事成長を祈念する為に、吉日を定めて生児を連れ初めて神社に参拝することを初宮詣といいます。

その起源は鎌倉時代ともいわれ、現在では地域により諸説ありますが、遅い所では110日、皇室におかれましては、御誕生後50日目に三殿への御初詣があり、一般的には、お産の穢れがおよそ30日位で明けるという古来の観念に基づいて、男児32日目・女児33日目(反対の説もあり)とされています。

初宮詣御祈祷で参拝を予定されている方へ

参拝される時期は抵抗力の弱い幼児ですから、慣習でいわれる日数よりも天候や母子の体調に気を遣いお決めください。
なお、当神社で安産神符をお受けになっていた方は、参拝される際に御守と御神札をご返納ください。

※七五三詣の時期は混雑状況により、お付添いの方々がご昇殿いただけないこともございますので、予めご了承ください。

家内安全御祈祷について

家内安全御祈祷は、年始より1月末日まで承ります。

その年のご家族の開運招福・無病息災をご祈願いたします。
ご家族皆様でご参拝ください。

厄除御祈祷について

厄除御祈祷は、年始より2月末日までの2ヶ月間承ります。

人生の節目においては、古くから特に気を付けなければならない年回りを『厄年』と呼んできました。
厄年といわれる年齢は、一般的には男性が数え年の42歳と25歳、女性は数え年の33歳と19歳とされ、その前後の年を前厄・後厄として、なかでも男性の42歳、女性の33歳を大厄といい、特に災厄が起りやすい年齢とされています。
大神様の御加護をお受け戴くことにより、心身共に健やかに無事過ごせますようご祈願いたします。

厄年に該当する生まれ年表

2018年度(平成30年)
男性
前厄 本厄 後厄
1995年
平成7年生まれ
24歳
1994年
平成6年生まれ
25歳
1993年
平成5年生まれ
26歳
1978年
昭和53年生まれ
41歳
1977年
昭和52年生まれ
42歳
1976年
昭和51年生まれ
43歳
1958年
昭和33年生まれ
61歳(還暦)
女性
前厄 本厄 後厄
2001年
平成13年生まれ
18歳
2000年
平成12年生まれ
19歳
1999年
平成11年生まれ
20歳
1987年
昭和62年生まれ
32歳
1986年
昭和61年生まれ
33歳
1985年
昭和60年生まれ
34歳
1982年
昭和57年生まれ
37歳

※年齢は数え年になります。

護児祭 無事成育御祈祷について

毎年4月の第1日曜日に執り行います。

当神社で初宮詣・虫封御祈祷をお受けになったお子様、塩竈神社の預り児たちのお祭りです。
御神徳を恵み給う大神様の御加護に感謝申し上げると共に、お子様の益々の無事成長をご祈願いたします。
お子様とご一緒にご参拝ください。

※無事成育御祈祷につきましては、4月中、毎日承ります。

七五三詣御祈祷について

七五三詣御祈祷は、10月・11月の2ヶ月間承ります。

七五三詣は、子供の年祝いをする古来の人生儀礼であり、数え三歳の男女児 『髪置』、数え五歳の男児 『袴着』、数え七歳の女児 『帯解』の祝いがあります。
これまでのお子様の成長を大神様に感謝申し上げると共に、更なる御神徳を授けられますようご祈願いたします。

※七五三詣の時期は混雑状況により、お付添いの方々がご昇殿いただけないこともございますので、予めご了承ください。

車清祓いについて

自動車やバイク・自転車等、車両の清祓いを随時承っております。

※屋外で執り行いますので、天気が良好な日に限ります。

PAGE TOP